つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

大動脈解離stanfordB型の侵襲的治療の適応

急性大動脈解離stanfordB型であっても急性期予後に危険が及ぶcomplicatedの状態であれば侵襲的治療が必要となる。

 

complicated急性B型解離の定義

①破裂・切迫破裂

②malperfusion(分枝潅流障害):腹部主要分枝、下肢、脊髄などへの灌流障害

③持続する痛み、再発する痛み

→疼痛が持続する=解離の進展あるいは解離した大動脈壁の強い伸展を意味し切迫破裂に準じた状態と考えられる

④コントロール不能の高血圧

→malperfusionに伴う上半身における血管抵抗の上昇あるいは腎動脈狭窄などに伴う腎血管性・以上高血圧症を意味する。

⑤大きな大動脈径、真性瘤と一致した部位の解離合併、急速拡大・進展する大動脈解離

→もともと真性瘤の存在下に解離が合併したもの、あるいは偽腔のストレッチに伴う急速拡大を意味し切迫破裂につながりうる。

 

★破裂・切迫破裂のメカニズム

entryから偽腔内に入った血流あるいは中膜内出血の逃げ場がなく血液が偽腔内にとどまって圧力が高まった結果、外膜側に破綻した状態。このため破裂・切迫破裂症例では多くの場合re-entryが存在しない。それ故、偽腔に入り込む血流を止める=entryを閉鎖することが治療の原則である。

 

 

参照:急性大動脈瘤・大動脈解離ガイドライン2020