つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

意識障害TIPS

◯意識障害

意識障害患者の対応と鑑別 

意識障害の鑑別診断:AIUEOTIPS 

JCSとGCSの違い

失神、意識消失、意識障害の違い

hand drop testの方法とその意義 

(患者の両手を顔の上に挙上して突然離す!本物の意識障害なら勢い良く落ちる)

瞳孔不同の定義とその原因

瞳孔径の左右差が1mm以上あれば頭蓋内病変示唆。脳出血や梗塞評価目的に頭部CT必須。

膝立て試験とその意義 

意識障害でルーチンで心電図をとるべき理由

高カリウム血症などの心電図でわかる意識障害もある

アルコール血中濃度の計算式と意識障害の出現

(アルコール血中濃度200mg/dl以上で傾眠など。200mg/dl以下で意識障害あれば別の原因を考えなければならない)

急性アルコール中毒に点滴をする意味

(点滴をしまくれば早く覚醒するというのは誤解)

血圧と頭蓋内病変の尤度比@意識障害

(脳梗塞患者であれば血圧は上がる。収縮期180mmHg以上だと陽性尤度比26とかなり疑わしい。逆に130以下だと否定的。)

肝性脳症を疑ったら 

羽ばたき振戦の意義(+動画)

(羽ばたき振戦は肝性脳症以外にも低Na血症や低酸素血症などでも見られる)

高アンモニア血症はどの程度から肝性脳症を引き起こすか 

(高アンモニア血症の肝性脳症に対する感度37.5%,特異度66.7%と参考程度。が、著しく高ければやはり怪しい)

低血糖患者にブドウ糖とVitB1を投与しなければならない理由

血糖異常高値への初期対応

低血糖だけでなく高血糖でも意識障害をきたします。迅速血糖測定は必須

 

(外傷編)

頭部外傷でCTを取るべきかどうかの適応 

脳震盪とびまん性軸索損傷の違い

急性硬膜下血腫と硬膜外血腫の違い

急性硬膜外血腫は凸レンズ:意識清明期があって後に意識障害進行することがある

急性硬膜下血腫は三日月:脳実質から出血すること多い死亡率高い