つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

肺炎・結核にまつわるTIPS

◯風邪、気管支炎、肺炎の違い 

◯肺炎疑いでいつ胸部レントゲンをとるべきか

急性の上気道症状を訴える患者のうち、本物の肺炎は5%だけ。全例にレントゲンは不要。バイタルサインの異常がどれだけあるかが大事。

◯肺炎疑いで胸部CTを取るべきかどうか 

肺炎の存在診断はレントゲンで十分。CTの適応は肺炎を疑うがレントゲン正常の場合。ただし、立位不可や側面像撮影できない高齢者ではCT撮影のハードルは下がる。

◯胸部レントゲン仰臥位のみでは肺炎の除外は難しい 

肺炎疑いの寝たきりの患者で正面レントゲンしか取れないと、感度はたったの65%しかない。側面像撮影が難しければCTを取るしかない。

 

浸潤影とすりガラス様陰影の違い(+画像) 

市中肺炎の退院基準(by IDSA) 

大葉性肺炎と気管支肺炎の違い 

肺炎尿中抗原の感度と特異度

◯肺炎において血液培養は必要か

重症化リスクのある肺炎あるいは肺炎球菌陽性、白血球減少、胸水貯留、空洞性病変、アルコール依存、重度の慢性肝疾患、脾摘後などが絶対適応。入院患者全例に血液培養という考え方も間違いではないが、明らかに軽症肺炎であれば血液培養の必要性は低い。

 

喀痰の性状と原因菌@肺炎の診断

レジオネラ肺炎の簡易予測スコア 

(高熱、痰なし、低Na、高LDH、高CRP、低Pltの6ポイント)

CTにおける気管支壁肥厚の定義と原因

(肺炎でも気管支の壁肥厚が起こりえます。)

感染症になると低アルブミン血症になるという話 

CRPもアルブミンも肝臓で作られるのでCRPをたくさん作る急性期にはタンパク工場で仕事が回らなくなってアルブミン産生が下がる。低アルブミン血症を見て「栄養状態も悪い」と誤解しないように

気管支炎に抗生剤は使っても肺炎予防効果はない 

咳や喀痰、熱があってもレントゲン/CTで浸潤影がなければ気管支炎。気管支炎に抗生剤処方しても肺炎予防効果なし。むしろ耐性菌出現リスク増加

 

 ◯結核

◯いつ結核を疑うか

2−3週間の咳に加えて発熱、寝汗、血痰、体重減少がキーワード

◯結核を疑ったらとりあえず提出する検査は

3連痰(培養検査+塗抹検査)、PCR(3連痰のうちの1回で)、クオンティフェロンorT-SPOT(採血)

肺結核がS1,2,6に好発する理由 

結核喀痰検査:塗抹、培養、PCRの違い 

ガフキー号数とは何か