つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

代謝性アシドーシスの鑑別

代謝性アシドーシスの鑑別

 

 

 

◯アニオンギャップ(AG)上昇の場合

 

・乳酸アシドーシス

・ケトアシドーシス(糖尿病性、アルコール性、飢餓)

・腎不全・尿毒症(リン酸)

・中毒(サリチル酸、メタノール、エチレングリコールなど)

 

*乳酸アシドーシスの原因

(低灌流による組織への酸素供給不足)

・ショック(敗血症、心原性、循環血漿量減少、閉塞性)

・組織循環不全(腸管虚血、四肢の虚血、熱傷・外傷、壊死性軟部組織感染症)

・高度な低酸素血症、一酸化中毒

・心肺停止蘇生後

(上記以外の原因)

・薬剤性(サリチル酸、メトホルミン、核酸系逆転写酵素阻害剤など)

・糖尿病性ケトアシドーシス(DMではケトアシと乳酸アシドーシスを合併しうる)

・筋肉の過剰運動(てんかん、けいれん、激しい運動、呼吸筋疲労など)

・中毒(アルコール、コカイン、シアン)

・悪性腫瘍(特に血液疾患)

・肝不全など

 

◯アニオンギャップ(AG)正常な場合

・下痢(消化液とともにHCO3-が失われる)(←ERでは一番多い原因)

・生理食塩水の大量投与

・アセタゾラミド投与

・尿細管障害

・腎不全(eGFR25%以下程度から出現)

・薬剤(スピロノラクトン、ST合剤、ACE-I、ARB、NSAIDsなど)

・尿路変向術後

・膵液瘻、腫瘻、胆汁瘻

・尿細管性アシドーシス(Ⅰ型Ⅱ型Ⅳ型)