読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

腰痛患者の危険な徴候リスト

主訴:腰痛患者の必須確認ポイント

 

●赤信号の腰痛疾患のゴロ『FACET

F(Fracture)→骨折

ステロイド内服、担癌患者、骨粗鬆症ないか問診

A(Aorta)→腹部大動脈瘤、大動脈解離

高齢者、胸痛・背部痛、腹部拍動性腫瘤

C(Compression)→脊髄の圧迫(腰椎椎間板ヘルニア、馬尾症候群、腫瘍、硬膜外転移、硬膜外血腫など)

膀胱直腸障害、担癌患者、ワーファリン内服、会陰部のしびれ

E(Epidural abscess)→硬膜外膿瘍

発熱、免疫不全、6週間以上続く腰背部痛、夜間の激痛

T(Tumor)→脊髄腫瘍、癌の骨転移

50歳以上、18歳以下、体重減少、担癌患者、1ヶ月以上続く腰背部痛

 

●病歴と身体所見から考える鑑別

 

痛みの程度

痛みで眠れない、鎮痛薬が効かない、歩行で腰痛が増悪する

→重篤な疾患を示唆

年齢:18歳以下、50歳以上

18歳以下:腰椎分離症、腰椎すべり症、癌、感染など

50歳以上:癌、腹部大動脈瘤、骨折

持続期間:1ヶ月以上に渡る腰痛

→多くの腰痛は1ヶ月以内に自然軽快する。もし長期間持続するようであれば癌や強直性脊椎炎などを考える。

既往歴:免疫不全状態(悪性腫瘍、ステロイド、HIV)

→骨髄炎や硬膜外膿瘍などの可能性

発熱の有無

→感染や悪性腫瘍を示唆

肛門周囲のしびれ、失禁

→馬尾症候群

脊椎叩打痛あり

→骨折や感染

一側下肢痛>腰痛、膝より下の麻痺、しびれ

→椎間板ヘルニア

SLR(坐骨神経を牽引)で耐えられない痛い

→椎間板ヘルニア

 

また追記更新します。