つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

急性膀胱炎へのアプローチ(メモ)

急性膀胱炎へのアプローチ

 

【臨床症状】頻尿、尿意切迫感、排尿痛、恥骨上部の疼痛、血尿(出血性膀胱炎を合併していれば)

 

 

【発症経過】通常急激で発症から24時間以内に受診することが多い。

 

ROS):発熱、悪寒、悪心、側腹部痛、肋骨脊柱角の圧痛

 

尿沈渣

白血球、亜硝酸塩が陽性となれば可能性が高まる。が、ともに陰性でも否定できない。

尿定性検査(白血球、亜硝酸塩陽性)の意義の違い - とある研修医の雑記帳

 

尿培養

一般的には必要ないが、次のようなリスクのある患者では尿培養を行う。

・男性患者全例(尿道の長い男性はめったに膀胱炎にならない)

・糖尿病の既往がある

・50歳以上の患者or16歳未満の患者

・症状が5日間持続する場合

・尿路カテーテル留置患者

・腎疾患患者

・再発を繰り返す患者

・その他担癌患者など基礎疾患ある患者

 

鑑別(尿道炎のRO

外陰膣部の排尿痛と膣の分泌物、悪臭、掻痒があれば尿道炎を疑う

(膀胱炎の排尿痛は外陰部ではなく下腹部の圧痛)

 

【方針/患者説明】

十分な水分摂取を患者に指導する(洗い流すイメージで)

(治療例)

・オーグメンチン®1錠+サワシリン®1錠(1日3回7日間)

・ケフレックス®(セファレキシン)(1日4回7日間)など

・通常外来治療可能が原則で再診の必要もない。もし症状増悪した場合は再診指示で構わない。