つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ホルネル症候群の病態生理

スポンサードリンク



ホルネル症候群は瞳孔を支配する交感神経障害によって生じる疾患。

症状は…

1:眼瞼下垂(軽微)

2:縮瞳

3:眼瞼狭小

4:病側顔面の発汗低下

にまとめられる。

 

視床下部から節後線維に至るまで、交感神経遠心路のいずれの障害においてもHorner症候群を生じる。

 

障害される部位とその原因疾患を分類してみると…

 

■1次ニューロン=視床下部〜側角(脊髄中間外側核)がやられる疾患

→ワレンベルグ症候群、頸髄損傷、多発性硬化症など

 

■2次ニューロン=脊髄中間外側核〜(交感神経幹に入って上行)〜上頸神経節のいずれかがやられる疾患

→パンコースト症候群

 

■3次ニューロン=上頚神経節〜交感神経叢〜瞳孔散大筋のいずれかがやられる疾患

→内頚動脈閉塞、内頚動脈動脈瘤など(三次ニューロンは内頚動脈と併走)