つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

腰背部痛の鑑別memo

鑑別の復習的memoです。

 

腰背部痛の鑑別リスト

・整形外科系:機械的腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、圧迫骨折、脊椎すべり症、馬尾症候群

・腫瘍など:癌の転移、多発性骨髄腫

・感染症:脊椎椎体炎、硬膜外膿瘍、炎症性脊椎炎

・循環器:急性大動脈解離、大動脈瘤破裂、心筋梗塞

・呼吸器:肺塞栓、気胸、胸膜炎

・泌尿器系:尿管結石、腎盂腎炎、腎周囲膿瘍、腎梗塞、異所性妊娠破裂、切迫流産

・消化器系:膵炎、胃十二指腸潰瘍・穿孔、大腸憩室炎

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・整形外科系

機械的腰痛:

→動くと痛みが増強・安静で軽快

→ER受診の腰痛で最も多いのがこれ。レッドフラッグがないかよく確認

→一週間ほどで軽快。NSAIDS処方。ベッド上安静は駄目、できるだけ日常生活送る。

椎間板ヘルニア:

→50歳以下、坐骨神経痛(腰から足へのしびれ・疼痛)、咳や排便時に痛みが増強。

→SLRテスト陽性、MRI。

脊柱管狭窄:

→65歳以上、歩行時に増悪、座位または前屈で改善(上り坂などで前かがみで脊椎が屈曲すると痛みが緩和される)

→腰椎ヘルニアは片側性、狭窄症は両側性のしびれや感覚異常となることが多い

→ロンベルグサイン陽性(脊髄後索が障害されていると位置覚↓となる)、MRI

圧迫骨折:

→骨粗鬆症のリスク(閉経後、ステロイド内服、骨折の既往)

→腰椎レントゲン

脊椎すべり症

→スポーツ活動の多い若年者、腰部から臀部、大腿部後面の疼痛、下肢の放散痛、感覚障害

→レントゲン側面像で椎体の前方すべり

 

 

・腫瘍など:

癌の転移

→高齢者、癌の既往歴(特に肺がん、乳がん、前立腺がん)、体重減少安静時痛

→直腸診、リンパ節腫脹、貧血やCa値のチェック、

多発性骨髄腫

→骨痛、下腿浮腫

→低アルブミン血症、Ca高値、貧血の有無、蛋白電気泳動

 

炎症性脊椎炎(強直性脊椎炎、反応性関節炎、疥癬性関節炎など)

→安静時腰痛、体を動かすと改善、朝のこわばり

→HLAーB27関連疾患、CRPは陰性のこともえ

 

・感染症(菌血症→血液播種がある場合)

脊椎椎体炎(化膿性脊椎炎)

→発熱を伴う背部痛の鑑別で腎盂腎炎、急性膵炎と主に椎体炎も見逃さざるべからず

→感染巣からの血行性転移、外傷や脊椎手術からの感染、隣接する軟部組織からの感染

→採血でESRの上昇、CT(血行途絶による骨壊死像)、MRI(検査で一番感度が良い)

→生検で菌の確定 

 

硬膜外膿瘍

→褥瘡や腎周囲の膿瘍が、脊椎(特に胸椎)硬膜まで飛び火

→安静時痛、咳やくしゃみで増悪、発熱悪寒

→MRI

 

(その他) 

・循環器:急性大動脈解離、大動脈瘤破裂、心筋梗塞

・呼吸器:肺塞栓、気胸、胸膜炎

・泌尿器系:尿管結石、腎盂腎炎、腎周囲膿瘍、腎梗塞、異所性妊娠破裂、切迫流産

・消化器系:膵炎、胃十二指腸潰瘍・穿孔、大腸憩室炎

 

また更新するかもしれません。