つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

SpO2低下の原因と初期対応

SpO2(酸素飽和度)低下の原因

SpO2の基準値は95〜100%

 

・SpO2低下している人が来たら何を考えるか(鑑別)

・肺疾患:肺炎、肺塞栓症、気管支喘息、気胸、胸水貯留、ARDSなど

・心臓疾患:心不全、心筋梗塞、大動脈解離、心タンポナーデ

・低換気:窒息、呼吸筋麻痺(ギラン・バレーなど神経疾患)、広範囲脳梗塞などによる延髄呼吸中枢の抑制

・その他:敗血症、中毒など

 

・発症様式による鑑別

突然→心筋梗塞、気胸、肺塞栓、気道閉塞(痰詰まり)

急性→心不全、COPD急性増悪、CO2ナルコーシス、ARDSなど

慢性→肺炎、胸水貯留など

 

【SpO2低下への対応ステップ】

1,気道閉塞の除外。ストライダー聞こえないか?高齢者なら誤嚥による閉塞もあるので吸入トライ。

2,聴診で左右差を確認。→気胸の除外。(可能ならポータブル胸部撮影もオーダー)

3、wheezeやcoarse crackleは聞こえるか?(→心不全や肺炎など)

4,血液ガス分析(→AaDO2開大あれば肺疾患、開大なければ中枢性の呼吸障害などの問題)

5、心電図(→心筋梗塞や大動脈解離スクリーニング)

6、血液検査(Dダイマーで肺塞栓除外)

7、意識レベル低下あれば頭部CT施行し頭蓋内病変除外

 

 また追記します。