つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

左脚前枝ブロックが後枝ブロックより起こりやすい理由

スポンサードリンク



左脚前枝ブロックが後枝ブロックより起こりやすいのは何故か

 

以下2つの理由があげられる。

1,前枝は後枝よりも細く長いため動脈硬化性病変の影響を受けやすい。

2,左脚前枝は左冠動脈前下行枝のみから栄養を受けているが、後枝は左冠動脈回旋枝と右冠動脈の栄養を受けているので前枝の方が虚血になりやすい。