読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

いつレジオネラ肺炎を疑うか(診断基準)

なぜ? 感染症 診断基準・スコア 呼吸器

レジオネラ肺炎とは河川や土壌に生息するグラム陰性桿菌のLegionella pneumophiaを原因とする肺炎であり、温泉や空調設備の冷水環境などで増殖し、エアロゾルから集団感染を引き起こす。

 

ポイント

・重症肺炎では必ず疑うべき

・βラクタムが効かない

・確定診断はほとんど尿中抗原検査でなされる

・日本における発症はおよそ800例/年

・潜伏期間は2−10日間

・4類感染症で保健所へ届出義務あり

 

レジオネラ肺炎の診断基準を紹介

 

診断基準:Winthrop-University Hospitalクライテリア

以下のスコア合計が10点以上で強く疑われる、5−9点で疑われる、4点以下で否定的

(支持する症状)

中枢神経症状→頭痛1点、意識障害/脳症2点、傾眠3点

呼吸器系→膿性痰2点

消化器系→軟便/下痢3点、腹痛5点

脈拍→比較的徐脈5点

治療→βラクタム無効5点

腎臓→急性腎不全5点 

(否定的な症状)

嗄声-3点、耳痛-3点、乾性咳嗽/咽頭痛-3点、血痰-1点、胸膜痛−2点

(支持する検査結果)

低リン血症4点、AST,ALT上昇4点、Bil上昇2点、潜血陽性2点、低ナトリウム1点、Cre上昇1点

(否定的な検査結果)

寒冷凝集素上昇−3点

 

・レジオネラ肺炎の97%は尿中抗原で確定診断されているという。レジオネラ尿中抗原検査は感度74%、特異度99.1%とスクリーニングには不向きだが確定診断に有用。尿中抗原陽性になれば楽な話であるが、陰性でもレジオネラが疑われるときはWUHスコアを計算してみると良いかもしれない。

 

参考文献

Evaluation of the Winthrop-University Hospital criteria to identify Legionella pneumonia. - PubMed - NCBI(Chest.2001;120:1064-71)