読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

インスリン分泌能とその検査

代謝内分泌

インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されて血中の糖を細胞内に取り込ませて血糖値を低下させるホルモンである。1型糖尿病ではβ細胞が破壊されて慢性的にインスリン分泌が低下し、2型糖尿病でも食後の追加分泌が低下する。インスリンがβ細胞からどの程度分泌されているかの指標には以下に紹介するようにCPRやインスリン分泌指数などがある。

 

・CPR(C peptide immunoreactivity)

CPRとはCペプチド免疫活性のことであり、内因性のインスリン分泌能を調べることが出来る。CPRはインスリンの前駆体のプロインスリンからインスリンが作られる際に一緒に作られる副産物である。インスリンの合成量とCペプチドの合成量は1:1で等しいのでCペプチドの濃度を調べればインスリンが体の中でどれだけ作られているのかわかる。(逆に言えば、インスリン注射で外から入れられたインスリンはCペプチドに反映されない)。腎機能に問題がなければCペプチドは尿中に排泄されるので、尿中のCPRを測定することで一定時間でどれだけのインスリンが作られたか調べることが出来る。

【基準値】

インスリン分泌能の指標には空腹時血中Cペプチド値と24時間尿中Cペプチド排泄量がインスリン分泌能の指標となる。具体的には

・空腹時血中Cペプチド<0.5ng/ml

・24時間尿中Cペプチド<20μg/日

であればインスリン分泌が枯渇しており、外部からのインスリンを必要とする状態である。

 

・インスリン分泌指数(insulinogenic index)

インスリン分泌指数とは75gOGTTで負荷後30分の血中インスリンの増加量を、血糖値の増加量で割ったものをいう。

インスリン分泌指数=

(負荷後30分の血中インスリン値  負荷前のインスリン値) ÷ (負荷後30分の血糖値負荷前の血糖値) 

△IRI(30’)μU/ml ÷ △PG(30’)mg/dl とも表現する

基準値は0.4以上であり、 0.4以下であると糖尿病もしくは糖尿病へ進展しやすい。

 

・グルカゴン負荷試験

グルカゴンとは膵臓のα細胞から分泌されているホルモンでありグリコーゲンをグルコースにして血糖値を上げるが、それと同時に直接膵臓β細胞に働きインスリンを分泌させる作用がある。実際の検査としては、グルカゴン静注後5〜6分のCペプチドの濃度を測定し、血中CPRが2.0ng/ml未満の場合はインスリン分泌能が保たれていないと判定される。