とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

メタノール中毒の治療にエタノールが用いられる理由

メタノール中毒の治療にエタノールが用いられる理由

f:id:tsunepi:20160217162406p:plain

お酒で治療…*1

 

メタノールは体内で酸化されてホルムアルデヒド、更にはギ酸になる。ギ酸は非常に有毒であり、網膜のタンパクを変性させて視力を低下させ、最悪死に至る。

f:id:tsunepi:20160217161135p:plain

エタノールとメタノールの酸化反応*2

 

 

メタノールを誤飲してしまった場合の治療法として面白いことにエタノール投与がある。お酒のエタノールを酸化するアルコール脱水素酵素はメタノールも同じように酸化するのである。よって、メタノールを誤飲してしまっても大量のエタノールを飲めばアルコール脱水素酵素はエタノールばかり酸化することになるので、メタノールは酸化されないまま尿から排泄を期待できる。もちろん、実際にメタノールを飲み込んでしまったらただでは済まないので大量のアルコールを飲みつつ救急病院に搬送されるべきであるが…。