つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

馬尾圧迫症候群とは何か

馬尾圧迫症候群とは何か

 

馬尾とは脊髄の下端に見られる脊髄神経の束。腸神経、仙骨神経、尾骨神経などの精髄神経の神経根は脊柱管の中をまっすぐと下降する。この外観が馬の尻尾のようにみえることから馬尾と呼ばれている。

 

【馬尾のイメージ図】

f:id:tsunepi:20170513181346p:plain

イラスト参照元:http://shiratorik-kango.blog.so-net.ne.jp/2013-04-02-2

 

馬尾圧迫症候群とは腰椎椎間板ヘルニアや腫瘍などにより馬尾を物理的に圧迫してしまうことによる病態を言う。症状としては知覚障害(サドル麻痺:自転車のサドルに接触する部分の感覚が低下する)、運動麻痺、膀胱直腸障害(尿失禁、便失禁)、性機能障害を呈しうる。これらの症状が複数出現している場合は要注意。腰椎椎間板ヘルニアは基本的に鎮痛により保存的治療がなされるが、馬尾圧迫症候群を呈している場合は唯一の緊急手術の対象である。