読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

ギランバレーで蛋白細胞解離がみられるのはなぜか

なぜ? 脳神経

ギランバレーで蛋白細胞解離がみられるのはなぜか

 

ギランバレー症候群では風邪や胃腸炎などの先行感染の後に抗体が産生されるが、その抗体が外来の異物だけでなく、自分自身の神経の構成成分を攻撃してしまうことにより起こると考えられている(交叉抗原説)
実際に神経の軸索と髄鞘に含まれるガングリオシドという糖脂質に対するガングリオシド抗体が作られていることがわかり、交叉抗原説はほぼ間違いないと現在考えられている。

ギランバレー症候群の特徴の一つとして髄液検査をすると、髄腋の中の蛋白細胞解離が認められる。つまり、髄液中の細胞数は変わらないが、蛋白の数が上昇しているのである。この機序には諸説あるが、教科書的には髄膜の透過性が小さなタンパク質を通すぐらいに亢進するが、細胞を通すほどには亢進しないために起こるためと言われている。