つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

筋繊維束攣縮のメカニズム

繊維束攣縮はぴくぴくとひきつるような筋肉の収縮で、肉眼で観察される。筋肉が神経による支配をされなくなると出現、つまり下位ニューロン障害で出現する。

 

本来あるべき大脳皮質からの命令が遮断されるので、骨格筋が勝手に脱分極し、無秩序に収縮してしまうのである。健常者でも疲労や精神的緊張によって出現することがある。たとえば疲れた時に目の下側やまぶたの上側の筋肉がぴくぴく動くことがある。

 

原因疾患としてはALS(筋委縮性側索硬化症)が有名である。