つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

乳酸リンゲル液と酢酸リンゲル液の違い

乳酸リンゲル液と酢酸リンゲル液の違い

【商品名】

乳酸リンゲル液→ソルラクト®、ラクテック®など

酢酸リンゲル液→ソルアセトF®、ヴィーンF®など

 

輸液製剤は大きく分けて等張電解質輸液と低張電解質輸液に分けられる(下図参照)。低張電解質輸液の分類として生理食塩水、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液などがある。

 

【輸液製剤の分類】

 

f:id:tsunepi:20170815155208p:plain

 

画像引用:水・電解質輸液 | 輸液と栄養 | 大塚製薬工場

 

生理食塩水:血漿と等張でNa+とCl-のみを含む製剤。

リンゲル液:生理食塩水をより血清組成に近づけるためCa2+とK+を配合したもの。生理食塩水やリンゲル液は大量投与すると希釈性アシドーシスを引き起こしてしまうため、アルカリである乳酸を加えたものが乳酸リンゲル液。同様にアルカリである酢酸を加えたものが酢酸リンゲル液。

(*乳酸は体内で分解されてHCO3-になるためアルカリ化の働きがある)

 

●乳酸リンゲル液と酢酸リンゲル液の違い

乳酸リンゲル液には名前の通り乳酸が含まれている。肝機能が低下している場合は乳酸を肝臓で代謝できずに乳酸アシドーシスを生じるリスクが有る一方で酢酸リンゲル液の場合、酢酸は筋肉でも代謝されるため肝機能が低下している場合であっても問題なく使える。その他ショックのときでも組織灌流が低下して乳酸アシドーシスのリスクが有るためやはり乳酸リンゲル液よりも酢酸リンゲル液のほうが使いやすい。

 

f:id:tsunepi:20170815155605p:plain