つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

肺血栓塞栓症の診断基準(Revised Geneva Score)

スポンサードリンク



PTE(肺血栓塞栓症)の診断基準の有名所として wells criteriaがある。

 

【wells criteria】

以下7項目のスコアを合計する。4点以上でPTEを疑い、4点未満であればPTEは否定的。

f:id:tsunepi:20170130221243p:plain

スライド参照:http://www.kameda.com/pr/pulmonary_medicine/modified_wells_criteria.html

 

wells criteriaは項目の点数がバラバラで、更に『PTEが他の鑑別診断よりも濃厚』というなんとも主観的で曖昧な項目がある(しかも点数が3点と高い)ことから診断基準としては客観性に欠ける。

 

それに代わる診断基準としてRevised Geneva Scoreが有能なのでここで紹介。

 

【Revised Geneva Score】

以下の表の8項目の合計スコアを求める。左のoriginalでは5点以下で否定的、6点以上で疑う。右の簡易版では2点以下で否定的、3点以上で疑う。

f:id:tsunepi:20170130221844p:plain

http://bp.api.bmj.com/best-practice/monograph/116/diagnosis/criteria.html?locale=ja

 

簡易版(simplified)は項目がほとんど1点に揃えられているので計算しやすく救急外来向きの診断基準。

 

一応日本人向けに日本語にしておきます。

【2点以下で否定的、3点以上で疑う】

・下肢深部静脈拍動を伴う痛みと浮腫→1点

・PTEもしくはDVTの既往→1点

・心拍数75−94bpm→1点,心拍数95以上2点

・一側の下肢痛→1点

・一ヶ月以内の手術・骨折→1点

・血痰→1点

・活動性の癌→1点

・65歳以上→1点