つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

頸椎レントゲンの見方

頸部外傷などにより頸椎損傷が疑われる場合、頸椎レントゲンを取る。

基本的に3方向(側面、正面、開口位)で撮影、不十分な場合は頸椎CTを追加する。

 

頚椎骨折で最も多い部位は第二頸椎(約25%)、そして第6頸椎、第7頸椎が続く。

 

頸椎レントゲン読影のABCD

A:alignment

4つのラインがなめらかかを確認する(番号は下のイラストに対応)。これらのラインが滑らかでなく、段差が認められれば頚椎損傷を疑う。

1、椎体前面ライン

2、椎体後面ライン

4、脊柱管後面ライン

5、棘突起基部ライン

f:id:tsunepi:20170128124453p:plain

画像引用:http://toshinkyo.gr.jp/s/semina6.htm

 

B:Bone(個々の骨の輪郭を追い、明らかな骨折がないかチェック)

椎体

棘突起

椎弓

椎弓根

【脊椎の解剖】

f:id:tsunepi:20170128125503p:plain

 

C:Cartilage(軟骨)

・椎体の前面の高さと後面の高さの差が3mm以上あれば異常

・隣り合う椎体同士が11度以上の角度で並んでいたら異常

f:id:tsunepi:20170128132019p:plain

 

D:Distance of Soft tissue(軟部組織の距離)

・環椎ー歯突起前面距離(ADI)が成人で3mm以上、小児で5mm以上で異常

【ADIに関してイラスト的説明】

f:id:tsunepi:20170128133609p:plain

【レントゲンでのADIの位置】

f:id:tsunepi:20170128133923p:plain

画像参照:C1 Vertebral (Jefferson) Fractures - General Review

 

・棘突起間の開き:異常に開いてないか

・椎体前面と軟部組織間距離:C2-C4レベルで7mm以下、C6レベルで22mm以下が正常(小児ではC2-4で7mm以下、C6レベルで14mm以下が正常)上のレントゲン写真のPre-Vertebral Soft Tissueに該当する距離

 

また追記、更新します。