読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

腸閉塞とイレウスの違い

日本において腸閉塞とイレウスは同じように「腸が詰まった」というような意味で混同されがちであるが欧米では異なる言葉として使われている。日本の医学用語としては麻痺性イレウス、単純性イレウス、絞扼性イレウスなどがあるが、この中で厳密にイレウスなのは麻痺性イレウスだけである。(急性腹症ガイドライン2015でも指摘されてる)

 

英語版ウィキペディアによると

 Ileusとは…

イレウスは腸蠕動不全による腸管の運搬機能障害である。腸管の弛緩や麻痺であり,開腹手術でみられ(術後イレウス),急性膵炎や腹膜炎のときにも生じ,聴診で腸音を聴取しない。腸閉塞とは区別して使われる。」などと説明されている。

一方で腸閉塞は英語でmechanical obstructionと呼ばれている。

 

【まとめ】

機能的イレウス(麻痺性イレウス)→引き続きイレウスと呼びましょう。

機械的イレウス(単純性イレウスor絞扼性イレウス)→正しくは腸閉塞と呼びましょう。