つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

橈骨神経麻痺への対応@救急外来

橈骨神経麻痺(土曜の夜麻痺)への対応

 

【撓骨神経麻痺とは】

深く飲酒をしたり睡眠薬を飲んで片腕を下にして眠りにつくと橈骨神経が長時間圧迫されて撓骨神経麻痺となる。本来であれば寝返りにより圧迫が解除されるが深い眠りの場合それが出来ずに神経が長時間圧迫されてしまうのである。橈骨神経は橈骨神経溝で上腕骨に巻き付くように走行していて骨と近接しているために損傷を受けやすい。

 

カップルや夫婦が恋人に腕枕をしながら眠ったりしても起こる。よって土曜の夜症候群、ハネムーン症候群などとも呼ばれる。診察時、可能であれば下のような図を書いて、手のどの部分の感覚が低下しているか調べ、筋力低下の有無についても調べる。

f:id:tsunepi:20161116200754p:plain

http://kobe-jiko.net/page-2038より引用

 

 

 

【橈骨神経麻痺の起こる部位】

橈骨神経麻痺でどのような運動障害が出るかは神経麻痺の起こる高さによって変わってくる。

1、腋窩部=上腕三頭筋より末梢の運動麻痺+橈骨神経支配域の知覚神経麻痺

2、上腕骨中央部=高位麻痺

3、前腕部=低位麻痺

f:id:tsunepi:20161116201127p:plain

橈骨神経麻痺|西宮・宝塚の整体は甲東園整体院HAL

 

●腋窩の位置で障害されると三角筋も含む全ての筋肉に影響が出る。

●高位麻痺(上腕レベル)では手関節の背屈と全指のMP関節伸展ができなくなる→下垂手

●低位麻痺(前腕レベル)で生じた場合は腕撓骨筋と長橈側手根伸筋が機能するので手関節の背屈は可能。→下垂手にはならないが、MP関節の伸展は出来ない。

 

【治療・リハビリ】

根本的な治療法はない。末梢神経損傷は再生速度が遅く1日につき1mm程度しか再生しない。放置でもとに戻ることもあるが、感覚神経、運動神経ともにもとに戻すには副子固定、リハビリが重要。

副子は前腕近辺から中手指節関節を少し超えるまでの範囲に装着して手関節は90度の伸展位で保持し、三角筋も施す。副子と三角筋をつけることで腱や靭帯の浮腫や歪みを防ぎ、機能回復をスムーズに行うことが可能。

 

また追記、編集します。