つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

バイアグラの作用機序

バイアグラの作用機序

 

バイアグラとは勃起不全(ED)に用いられる治療薬である。

勃起のメカニズムについて簡単に説明すると、大脳皮質の性的興奮が副交感神経を介して陰経海綿体の細胞から一酸化窒素(NO)を放出させ、NOがセカンドメッセンジャーであるcGMPを増加させる。cGMPは陰経を走るらせん動脈の平滑筋を弛緩させて血管を拡張させる働きがあるので陰茎海綿体に血液が充満することになる(=勃起の状態)。


勃起障害の原因の一つとしては、海綿平滑筋内に豊富に存在するPDE5が知られている。

PDE5はcGMPを分解してしまう酵素なのであるが、前述のとおりcGMPは血管を拡張させる働きがあるので、それが分解されてしまうと血管は収縮して陰茎海綿体に血液が行かなくなってしまうのである。

 

よって勃起不全の治療としてはPDE5阻害剤であるバイアグラ(シルデナフィル)が用いられ、海綿平滑筋内に血液が充満してくれるのである。また、このバイアグラはより上流による損傷、つまり脊髄損傷または他の神経支配の障害による勃起不全には効果がない、