読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

2型糖尿病で黒色皮膚腫がみられるのは何故か

2型糖尿病患者で黒色皮膚腫がみられる機序

 

f:id:tsunepi:20150201170406p:plain

http://ec.canbler.com/kokushoku-hyohi-shoより引用

 

糖尿病患者では血糖値が高いためにそれに対抗してインスリンが分泌され、血糖値を下げようとする。しかし、糖尿病ではインスリンの効きが悪いためにインスリンが異常に産生されて血中のインスリン濃度が高くなる(インスリン抵抗性)。黒色皮膚腫は皮膚のインスリン受容体が過度に刺激され、皮膚細胞が増殖し、皮膚の基底膜が厚くなるととが原因で生じると考えられている。軽症ならコーヒーミルク様、重症なら黒褐色になる。好発部位としては、首筋、腋窩、臍周囲、乳首の周りなどである。