つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

内頚動脈と外頚動脈の走行

内頚動脈は脳を栄養する動脈で、頭蓋腔内に入るという意味から内頚動脈という。頸部では分岐せず、側頭骨の頚動脈管から頭蓋内に入り、眼動脈を分岐した後、椎骨動脈から分岐した脳底動脈とともにウィリス大動脈輪を形成する。

内頚動脈の最初の枝である眼動脈からは網膜を栄養する網膜中心動脈が起こる。

 

外頚動脈は頭蓋腔の外に分布するという意味合いの名前をしている。外頚動脈の主な枝には8種類あり、外頚動脈の基部から上に向かって

「工員の舌癌と痔の学生」という覚え方というか語呂合わせみたいなのもある。

1:上甲状腺動脈

2:上行咽頭動脈

3:舌動脈

4:顔面動脈

5:後頭動脈

6:後耳介動脈

7:顎動脈

8:浅側頭動脈

 ■

 

f:id:tsunepi:20140517084051g:plain

内頚動脈基部の膨らみは頚動脈洞と呼ばれ、自律神経の繊維が分布する圧受容器である

 

ここを頚椎横突起に押し付けるように圧迫すると徐脈と血圧低下が起こる=頸動脈洞症候群