つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

内頚動脈海綿静脈瘻の病態生理

海綿静脈洞内とその中を通る内頚動脈との間に動静脈瘻、つまりトンネルが生じた状態をいう。海綿静脈洞内に内頚動脈の血液が直接流入するようになるために洞内の圧力が著しく上昇し、眼静脈などへの逆流が起こることによる。

 

f:id:tsunepi:20140428204848j:plain

 

 

原因としては…

頭蓋底骨折による内頚動脈の破裂などの外傷性が多い。他にも海綿静脈洞内の脳動脈瘤破裂によって起こることもある。

 

症状…

眼静脈血の逆流・鬱滞は拍動性眼球突出・眼球結膜充血・浮腫を引き起こす。また、瘻孔から流出する血液によって拍動性雑音を前頭部や側頭部で聴取する。他にも外転神経や動眼神経が傷害され、外眼筋麻痺による複視などがみられることもある。なお、本症では外傷直後に発症するだけでなく、二ヶ月以内の遅発性の可能性もあるので注意が必要。

 

治療としてはコイルで瘻孔を塞ぐ血管内治療が中心。