読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

点滴セットと輸液スピードの関係

点滴をする時、クレンメを締めたり開いたりすることで輸液のスピードを調節できる。例えば急速に水分を補給したい時は全開に開いて点滴するのに対して、心臓が悪いなどでゆっくりと輸液したい場合はクレンメを絞って少量ずつ点滴することになる。具体的にどのぐらいのペースで輸液されているのか。成人用の多くの点滴セットは20滴で1mlとなっている。よって例えば1分間に20滴落ちるのであれば1分間に1mlつまり、1時間に60mlのペースで点滴できるということになる。

 

尚、小児用の点滴セットは60滴で1ml、フィルター滴輸血セットであれば15滴1mlなどと点滴セットによって微妙に異なるので確認は必要。