つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

肺炎において血液培養は必要か

肺炎において血液培養はどういう時に必要なのだろうか

 

血液培養で市中肺炎の原因菌を特定できたのはたったの7%で、エンピリックな抗菌薬が効かずに抗菌薬の変更が必要になったのはわずかに0.4%という報告がある。

 

市中肺炎において血液培養をするメリット…

・かなり正確に原因微生物を特定することが出来る。他には無い唯一の診断的検査。

・患者にはダイレクトには関係しないが疫学的データとしても大事。

血液培養がそこまで推奨されない理由

・血液培養の陽性率がかなり低い(7%)

・血培陽性でも抗菌薬治療が変更になる確率が低い 

(参考 Ann Emerg Med,46(5):393-400,2005)

 

ではどういう時に血液培養をすればよいのだろうか

一つ参考になるものとして米国感染症学会のATSガイドラインがある。そこでは「ICUに入室するような重症患者で血液培養は必須」 と提言され、ICUに入室しない症例でも必要であれ考慮するべきとされている。

ICUへの入室基準(以下の大基準1つ以上もしくは小基準3つ以上)

(出典:Infectious Diseases Society of America/American Thoracic Society consensus guidelines on the management of community-acquired pneumonia in adults. - PubMed - NCBI

【大基準】

・挿管、人工呼吸を必要とする

・昇圧剤を必要とする敗血症性ショック

【小基準】

呼吸数>30回

PaO2/FiO2<250

複数の肺野に浸潤影

意識障害

BUN>20

白血球<4000

血小板<10000

低体温(体幹温度<36度)

大量輸液を必要とするショック状態

 

また別のソースではあるがアメリカ市中肺炎ガイドラインでは次のような場合に血液培養を行うべきと書かれている。(参考:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17278083

 

【市中肺炎における血液培養の適応】

・アルコール多飲患者

・空洞形成のある肺炎

・肝不全患者

・脾臓摘出者

・胸水貯留の患者

・肺炎球菌尿中抗原陽性

・白血球減少(重度の肺炎では白血球減少する)

 

結局何を基準にすれば良いのか迷ってしまうところではあるが、重症肺炎および重症化する恐れのある肺炎で血液培養が必要というのは変わらないであろう。

肺炎における血液培養陽性率は7%と高くないので空振りに終わってしまうかもしれないが、もし陽性になった場合は菌血症として治療が必要になるし、喀痰がきちんと排泄できずに喀痰培養陰性になってしまう可能性もあることからやはり外来通院可能な軽症肺炎でない限りは血液培養をとっておいた方が安全なのかもしれない。

(肺炎の治療はERで速やかに(4時間以内)に行うべきとされており、良質な喀痰が得られないからといって抗生剤投与を延期していてはならない)

 

関連エントリ:肺炎の入院基準ADROPとは - とある研修医の雑記帳