つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

ASDで右心不全、VSDで左心不全になる理由

ASDで右心不全、VSDで左心不全になる理由

 

ASDとは心房中隔欠損症のことである。
心房に穴があいているために血液の流れとしては左心房→右心房となる(左心房の方が圧力が高いので右心房に流れる)。右心房に流れた血液は右心室を経て肺動脈に流れる。肺動脈への流入が上昇すると肺高血圧になり、その手前にある右心房・右心室など右心系に負荷がかかる。左心房へ流入する血液はすぐに欠損孔を通じて右心房に送られるので左心房にはほとんど負荷はかからない。

 

VSDとは心室中隔欠損症のこと。
心室に穴があいているので血液は左心室→右心室へと流れる。心室にはどんどんと血液が流れ込んできて負荷がかかりそうであるが、短絡してきた血液はそのまま肺動脈に流れるので容量負荷はほとんど起こらない。しかし肺循環への血液量は大きいので肺動脈は拡大し、また、左心房と左心室に容量負荷が起こる。よほど大きな欠損孔があれば右心室の負荷も起こる。