つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

奇異呼吸、フレイルチェストとは?

スポンサードリンク



まず、フレイルチェスト(動揺胸郭)について…

これは多発肋骨骨折で連続性を失った胸壁部分が同様して奇異呼吸を呈する状態。

 

多発肋骨骨折が生じた際に、二箇所以上骨折した肋骨や肋軟骨が上下に連続して存在するとき、胸壁から連続性を絶たれた部位をフレイルセグメントという。

 

フレイルチェストとはフレイルセグメントが呼吸にともなって奇異な運動をする状態をいいます。

f:id:tsunepi:20140413105809j:plain

 

上の図はフレイルチェスをしている肺を示しています。

Rib fractureと書かれている場所がフレイルセグメント、つまり連続して骨折している場所です。フレイルセグメントの部位では周囲の胸壁と骨の連続性が無いため、呼吸に伴う胸腔内圧の変化に対応できていません。このために左の図のように吸気時には他の部分は膨らんでいるのに対してフレイルセグメントの部分は凹み、右図のように呼気時には膨らむという正常とは逆の運動が見られます。