つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

普通の医薬品とジェネリック医薬品とはどう違うのだろうか

ジェネリック医薬品とは何だろうか。一般に、「後発医薬品」と呼ばれるものである。特許の切れた医薬品を他の製薬会社が製造する医薬品である。これはつまり、成分は同じなのである。勿論、これらのジェネリック医薬品が元々の薬と同等の薬効、作用をもつことを証明するために、承認申請の際には生物学的同等性試験のデータが必要とされる。販売されている数量では、欧米は6〜7割であるのに対し、日本は1〜2割程度である。ジェネリックが日本で普及しない理由としては、欧米に比べてそこまで安くないという事と、医師が情報の少ないジェネリックを使うよりかは従来の信頼できる薬を使いたがるということにあるのではないだろうか。