とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

てんかん重積発作の定義と初期対応

◯てんかん重積発作の定義

てんかんとは大脳皮質神経細胞の過剰興奮によって起こる痙攣などの症状を発作的に繰り返す病態である。(てんかん≠痙攣)

てんかん重積発作とはてんかん発作後の意識障害から回復する前に次の発作を起こして意識障害が連続し、その間に間欠的に発作を繰り返す状態を言う。5〜10分以上続けばてんかん重積状態として治療開始することが推奨されている。てんかん重積発作は死亡率も高いので初期対応が重要。

 

◯初期対応

・まずは救急のABC(気道、呼吸、循環)を確保

・静脈確保

・ビタミンB1を100mg静注後、50%ブドウ糖50ml静注

・セルシン®(ジアゼパム)10mgを5mg/分で投与。(即効性があり有効であるが、長時間のコントロールは難しい)

・セルシン®もう10mg追加

・セルシンでコントロール出来なければホストイン®(ホスフェニトインナトリウム)22.5mg/kgを15分かけて静注

・以上の対応でも無理ならイーケプラ®を1000-2000mgの静注(15分かけて)

薬剤でコントロールできない場合は躊躇せず気管挿管、全身麻酔を行うことが推奨される。全身麻酔後は脳波でモニタリングしながら薬物量をコントロール。 

 

参考:神経内科ハンドブック