つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

Howship-Romberg徴候とは何か

Howship-Romberg徴候とは何か

 

閉鎖孔ヘルニアで見られる特徴的な所見。

ヘルニア内容が閉鎖神経を圧迫することにより大腿内側から膝、下腿にかけて痛みやしびれが生じる。股関節の伸展、外転、内旋で痛みが増強する。大腿屈曲で軽減

閉鎖孔ヘルニアはヘルニア手術の0.1%ほどしかなくまれな疾患であるが来る時は来る…。やせた高齢者に多い。

 

Howship-Rombergが見られれば閉鎖孔ヘルニアの確率は高いが、以下のケースレポートによれば感度は23.5%ほどしかないという。

[Strangulated obturator hernia: a report of 17 cases]. - PubMed - NCBI

 

確定診断をするためにはCT検査が必要。

 

【閉鎖孔ヘルニアCTの一例】

1,恥骨筋 2,外閉鎖筋 矢印;閉鎖孔ヘルニア

f:id:tsunepi:20170315203551p:plain

画像参照:An unusual hernia in an elderly | EMDutch