つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

網内系とは何か

網内系(=細網内皮系)とは何か

 

 貪食細胞と網目状の繊維からなる変わった構造をした組織の事であり、この網目の組織に単球やマクロファージといった貪食細胞が存在し、外からやってきた異物や細菌を貪食してくれるフィルター(関所)のような役割を担っている。

 網内系は体内の至る所に存在する(リンパ節のリンパ洞、扁桃、脾臓の静脈洞、肝クッパー細胞、脳ミクログリア、肺胞マクロファージ、腎糸球体内のメサンギウムなどなど)。