つねぴーblog

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

レルミット徴候とは

レルミット徴候(Lhermitte徴候)について

 

レルミット徴候とは、頸部を前屈させると背中から下方に電撃的な痛みが放散する現象のことである。多発性硬化症などの頚髄後索の脱髄病変に特徴的な症状である。他にも脊髄腫瘍,椎間板ヘルニアなどが原因でレルミット徴候が生じるが、国試的にはレルミット徴候と言われれば多発性硬化症という認識でok。