つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

そもそも夏バテって何?

そもそも夏バテって何だろうか?

本来ほ乳類には体温を一定に保とうとする恒常性(ホメオスタシス)が存在している。こういう種を恒温動物とも呼んだりするが。外気が少し暑かったり寒かったりする程度ならば、体温の維持にあまり苦労しないのだが、真夏のように極端に高温に身をさらされると体温を一定に保つのが非常に大変になる。熱を放出するために自律神経によって発汗、血管の拡張などが促進されるが、突然冷房の効いた涼しい屋内に入ったりすると自律神経系が乱れてしまう。これによって全身の倦怠感、思考力低下、食欲低下、めまい、頭痛などなど広域な症状のことを夏バテと称しているのである。



夏バテという病気があるわけではなく、「夏に頻発する症状」と考えるのが妥当なのかもしれない。


夏バテの予防方法としてはエアコンを付けるときには極端な低温にせず、外気とあまり差が出ないように(5度以内)に設定するのが望ましい。時勢的にも節電が叫ばれているのでちょうど良いかもしれない。もしくは寒い屋内ではカーディガンなどを羽織るのも良いかもしれない。

夏バテと感じたら少しでも自律神経の働きが正常に戻るように心がけるべきである。具体的には
・水と塩分の補給
・規則正しい食生活(ビタミンも十分に取る方が望ましい)
・適度な運動
・十分な睡眠時間
などなどであろうか。

自分も気をつけたいところである。。