とある研修医の雑記帳

東京から大阪の医学部へ亡命して研修医になった人のブログ。勉強のまとめ、思いつきの考察、ちょっとした雑学などなど。アウトプットが趣味です。

わさびでアニサキスの活動が抑制されるという話

【twitterの投稿ほぼ流用】

イカやサバの生食で感染する寄生虫アニサキスはわさびや醤油に10分間浸すことで組織侵入能力が喪失するというエビデンスはあるが、わさびや醤油に10分浸されたイカやサバの生食が美味であるというエビデンスは存在しない。

 

【わさびと食塩でアニサキスの活動を抑制できるか】

わさびでは低容量で抑制できたが、食塩ではイマイチ。がしかし、魚体内でアニサキスがcyst形成しているとわさびに2時間浸しても活動は抑制されない。

f:id:tsunepi:20170129140842p:plain

画像参照:http://ameblo.jp/kaz3541/entry-11912819072.html

 

*ちなみにアニサキスは胃などから組織侵入することで腹部の激痛を引き起こすが、再感染の場合であれば3型アレルギーによって消化管の攣縮が引き起こされて腹部症状が出ることもある。後者の場合ではわさびで活動能力を低下させても腹痛などの症状は出現すると考えられる。

 

参考文献

j osaka city med.1971;20;131-50

内科診断リファレンス