つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

肋骨横隔膜CPAのsharpとdullの違い

CPAのsharpとdullの違い

 

CPA(costophrenic angle)とは肋骨と横隔膜のなす角のことをいう。下のイラストの赤線と青線のなす角。

f:id:tsunepi:20140508092600j:plain

通常は上の写真のように鋭い角度になっているが、これが様々な原因によりCPAが鈍化することがある。以下にCPA鈍化の例を挙げる。

 

f:id:tsunepi:20160617111501p:plain

左の写真が立位正面から撮影、右の写真は側面から。共に青矢印の部分に胸水が溜まっている(CPangle dull)(画像参照*1

 

 

原因としては胸水貯留の他に

COPDに伴う過膨張で横隔膜平低化

肺葉の切除術後

石綿肺などでの胸膜のびまん性肥厚

などが考えられる。特に微妙な場合は前回の撮影時との比較が重要。

*1:Medscape: Medscape Access