つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

プラチナバンドとは何か

プラチナバンドとは、ソフトバンクモバイル3Gの一部機種で利用できる、900MHz帯のW-CDMA方式によるサービスである。
(価値の高い帯域(バンド)という意味でプラチナバンドと名付けられた。)
類似サービスとしては、NTTドコモのFOMAプラスエリアなどがある。

プラチナバンド開始前からSoftBank 3Gにて使用している2GHz帯および1.5GHz帯では電波が届きにくく、それがソフトバンク解約理由のNO1であった。
そこでビル影や山間部などでの電波状況の改善を目的に900MHzのサービスが開始された。

ただし、あくまで2012年7月時点ではサービスが開始されただけのため、この時点では全国規模においてプラチナバンドのサービスが利用可能となったわけではない(サービス開始時点ではごく一部の地域のみ利用可能)。基地局や設備配置などのエリア整備の進捗に伴って、このサービスの提供範囲は広がる予定である。


電波が遠くまで届きやすく、障害物を回り込んで伝わるといった性質を持つため、携帯無線通信において最適な周波数帯域といわれている。
なぜ900MHzだと電波が届きやすいのかというと、波長が長いからである。波長が長い電磁波の方が障害物の迂回がしやすいのである。

自分もsoftbankユーザーなので一刻も早く電波状況を改善してもらいたい限りです