つねぴーblog

元とある研修医の雑記帳。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

フライパンと鍋の違いについて

フライパンと鍋の違いについてイマイチわからなかったので少し調べてみることにした。料理レベル1の自分からしてみれば、熱伝導率が異なるのか?ぐらいにしか考えが出て来ない。一緒であるならば底の深いフライパンでも鍋の役割も兼任できてしまうと考えるからである。

だが実はフライパンとは鍋の一種であるようだ。つまり、鍋とは炒め物や湯でもの、揚げ物などをする時に用いられる調理器具であるが、フライパンとは鍋の一種であり、他の鍋と比べて浅く、径が大きいのが特徴ということができる。
フライパンの材質としては鉄、ステンレス、アルミニウム、テフロン加工などがあるようである。

因みに個人的に面白かったトリビアを話しておくと、英語では平いものをパンと呼ぶようである。つまり、フライパンとはフライ用のパンであり、そのままの意味であったようだ。笑