つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

虫除けネットの仕組み

スポンサードリンク



虫除けネットの原理

今日はつるしておくだけでいやな虫を寄せ付けないネットタイプのバポナという商品を買ってきた。
ここのところユスリカやチョウバエに悩まされていたので効果があると嬉しいのだが。

原理を調べて見るとこのネットにはトランスフルトリンとエムペントリンという二つの薬剤が入っているようである。

トランスフルトリンは即効性のピレスロイド系殺虫剤であり、室内環境におけるハエ、カ、ゴキブリに対して用いられるようである。エムペントリンは無臭であり、 少量でも良く効く、人間や動物など温血動物の体内では速やかに解毒されるので安全性が高いようである。