つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

ヘパリン投与中はAPTTだけでなくAT3も一緒に測定する

ヘパリン投与中はAPTTだけでなくAT3も一緒に測定する

 

ヘパリン投与してもなかなかAPTTやACTが延長しないことがある。このヘパリン抵抗性とも言える原因として最も多いのがAT3欠乏(その他にもDICや敗血症、肝硬変などもある)。ヘパリンを増量してもAPTT延長しない場合はAT3を補う必要がある。具体的にはAT3が70%以下のときにはノイアートやアンスロビンなどのAT3製剤の投与を行ってヘパリンを効かせる必要がある。

 

f:id:tsunepi:20210216101818p:plain