つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

オキシコドンの使い方メモ

・鎮痛効果や有害事象はモルヒネと同等

・低用量の速放剤や徐放剤があるためオピオイドの使いにくい患者や高齢者でも比較的使いやすい。

・腎機能障害時にも比較的安全に使える。

 

◯速放剤で処方する場合

1,オキノーム(散)1回2.5mgを4時間毎内服(日中計4回)、眠前に1回5mg

2、レスキュー:オキノーム(散)1回2.5mg内服。1時間以上間隔をあけて

 

◯徐放剤で開始する場合

1,オキシコンチン1回5〜10mg1日2回12時間毎内服

2,レスキュー:オキノーム(散)1回2.5mg 内服1時間以上間隔をあけて

 

◯オキシコドン持続皮下注で開始の場合

1,オキファスト(注)12mg/day 持続皮下注

2、レスキュー:PCA(自己調節鎮痛法)にて1時間量フラッシュ…間隔30分以上あけて*レスキュー薬は1日量の1/24〜1/5 効果を見ながら20−30%を目安に増減

 

参考)緩和ケアレジデントマニュアル