つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

繰り返す扁桃炎の扁桃摘出の基準

溶連菌感染症は様々な要因により患者によっては何度も繰り返してしまう。

単回であれば抗菌薬処方による保存的治療であるが、頻繁に繰り返すと扁桃摘出という外科的な治療も選択肢として入る。手術の基準として扁桃炎インデックスなるものがある。

 

扁桃炎インデックス=1年あたりの扁桃炎罹患回数×扁桃炎罹患年数

 

この扁桃炎インデックスが8以上の場合に手術対象とされている。

例えば5歳の小児が年間4回扁桃炎を繰り返して、2歳から扁桃炎を発症していたとしたら扁桃炎インデックスは4×(5−2)=12となるり手術適応となる。この基準の根拠としては扁桃炎インデックスが8以上である患者は自然寛解を望めないというデータに基づく。

 

(参考)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/stomatopharyngology1989/20/2/20_2_197/_pdf