つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

心筋酸素消費量の規定因子

心筋酸素消費量を決定する因子について

 

心筋は仕事をすればするほど多くの酸素を必要とする。

一般的に心筋の仕事量は

心拍数

心筋収縮力

後負荷(=収縮期血圧) 

の3つの因子によって規定される。

イメージ的には以下の様な感じで宜しいかと。

心拍数が多い=スピードを出す

心筋収縮力が上がる=大きな力を出す

後負荷が上がる=仕事の邪魔をする力が増える

 臨床現場では心筋酸素需要の推定式としてRPP(rate pressure product)が用いられる。

RPP=心拍数×収縮期血圧