つねぴーblog

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

深部腱反射の脊髄高位の覚え方

深部腱反射の亢進・減弱を見ることによってどのレベルで脊髄にダメージがあるのか調べることが出来る。健常人で誘発されやすい五大反射(上腕二頭筋、腕撓骨筋、上腕三頭筋、膝蓋腱反射、アキレス腱反射)に関してはそれぞれの脊髄高位を覚えておくと何かと便利である。

 

・上腕二頭筋=C5,(6)

・腕撓骨筋=C(5),6

・上腕三頭筋=C7,(8)

・膝蓋腱=L(2),3,4

・アキレス腱反射=S1,2

 

これを下から順に1−2、3−4、5−6−7と理解すると覚えやすい。以上。