とある内科レジデントの雑記帳

元「とある研修医の雑記帳→つねぴーblog」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

頚椎症疑いではMRIだけでなくレントゲンも必要

f:id:tsunepi:20180524141827p:plain

頚椎症を疑った時、もしくは除外する時に頚椎MRIだけ取って異常がなくてもそれでOKとしてはならない。頚椎は脊椎の中でも最もダイナミックに動く部分である。動きによって現れる病変(頚椎すべり症や環軸亜脱臼など)を見逃さないためにMRIに加えて前屈位+後屈位の撮影が必須。また、神経根症診断目的の椎間孔を評価するのであれば斜位像も必要。

 

(頚椎レントゲン側面像のイメージ)

f:id:tsunepi:20180524141547p:plain

参考:

https://karoma.jp/bone-touches-nerve/