つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

Spurling testとは何か

◯Spurling testとは何か

Spurling testとは神経根障害の有無を調べるための神経根症状の誘発テストである。頚椎症や頚椎椎間板ヘルニア、頚椎捻挫などによる神経根症状が疑われる時に行われる。

 

頚椎椎間板ヘルニアなどで椎間孔が狭窄していると、頚椎を伸展かつ患側へ側屈すると、神経根が圧迫されて患側上肢への放散痛が見られる。この事をSpurling sign陽性という。下のイラストのように患者に座位の状態で頭を患側に傾けてもらい、検者は頭の上から両手で少しずつ下に力を加えて、痛みが誘発されるかどうか調べる。

 

f:id:tsunepi:20180321154132p:plain

 

椎間孔から神経根が出ているイメージ図

f:id:tsunepi:20180321154551p:plain

イメージ参照元:頚椎椎間孔狭窄症でお困りなら | 頭痛、むち打ちによる首の痛みでお困りならご相談ください