とある内科レジデントの雑記帳

元「とある研修医の雑記帳→つねぴーblog」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

敗血症性ショックではドパミンではなくノルアドレナリンを使う理由

敗血症性ショックの初期治療としては1000〜2000mlの輸液負荷を行うと同時にそれでも改善しない場合は昇圧薬としてノルアドレナリンやドパミンが頻用される。

どちらもαアドレナリン受容体を刺激することによって血管収縮作用を示す。

ドパミンに関してはβ受容体の刺激作用も有ることから心拍出量の増加も期待されるが、この作用によって頻脈や不整脈の出現を引き起こす報告がある。また、ドパミンは腎臓などの臓器灌流量を増大させることも期待されるが、臓器不全改善効果は示されていない。

敗血症性ショック診療ガイドラインによるとノルアドレナリンとドパミンのアウトカム(28日死亡率、ショック離脱期間、ICU滞在期間、合併症発症率)は変わらないが、ドパミンのほうが有意に不整脈誘発率が上昇したとの報告があるため、ノルアドレナリン投与が第一選択として推奨されている。(グレード1A)

 

投与量はノルアドレナリン0.05μg/kg/min(=0.05ガンマ)〜を推奨されている。

使用方法はノルアドレナリン®1mg3Aを生理食塩水47mlに溶解させる。

(3mg/50ml)

効果は一過性で血圧上昇作用は注入中止の1−2分以内に消失する。

 

f:id:tsunepi:20180203171649p:plain

 

参考:

日本版敗血症診療ガイドライン2016:

http://www.jaam.jp/html/info/2016/pdf/J-SSCG2016_ver2.pdf

γ(ガンマ)単位とその計算方法 - つねぴーblog