つねぴーblog

元「とある研修医の雑記帳」。アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。

野良犬に噛まれましたが大丈夫でしょうか?

野良犬に噛まれましたが大丈夫でしょうか?に対する説明。

 

日本国内で狂犬病が最後に報告されたのは1956年であり、現在では事実上撲滅されている。日本で見知らぬ犬に噛まれても狂犬病を心配する必要はない。狂犬病ウィルス自体が存在してない(確認されていない)。

ただ、輸入感染症としては、狂犬病流行国で感染して日本に帰国後発症したという事例が1970年にネパールからの帰国者で、2006年にフィリピンからの帰国者である模様。

 

なお、近年予防接種率が低下しており登録犬のうち7割程度しか狂犬病ワクチンを打たれていない。しかも登録されていない犬も多いので日本国内の犬の約半数は狂犬病ワクチンを打たれていないということになる。日本は島国であり閉鎖的であるし犬や猫などの場合は検閲があるが、ハムスターなどの小動物では届け出だけで済むので狂犬病感染動物が日本に上陸する可能性はある。

実際に、日本と同じように狂犬病が50年近く発生していなかった台湾でも野生動物の狂犬病流行が確認されている…。

 

ちなみに動物咬傷の場合、破傷風ワクチン接種歴のない場合はワクチン接種しておいたほうが無難。