つねぴーblog@内科専攻医

アウトプットが趣味です。医学以外の事も投稿するやもしれません。名前は紆余曲折を経てつねぴーblogに戻りました

中毒疹とは何か

中毒疹とは薬剤、ウィルス、細菌、食物など体外性あるいは体内性の物質によって誘発される反応性の皮疹の総称のこと。基本的には原因がはっきりしないものや、原因がはっきりするまでの一時的な病名としてつけられることが多い。原因がはっきりしたら「薬疹」や「麻疹」など具体的な病名に変更される。

感染症や薬疹でもそれぞれ皮疹の形態は大きく異なり、また通常皮疹が出現しないようなウィルス感染により生じる皮疹の場合は典型例なども存在しないため中毒疹の診断は容易ではない。

なお、反応性の一時的な皮疹であっても病態や原因を正確に診断するべきという考え方があり、国際的には中毒疹というゴミ箱診断的な用語は通常用いられないようである。